東海・北陸エリア

「鈴与商事」

商社

「社員の健康は財産」を理念に、
卒煙環境を整備

鈴与商事ではどのような取り組みをされましたか?

健康宣言をおこない、従業員の健康を推奨・サポートする鈴与商事株式会社。

当社では2019年1月より、社内にあった喫煙室をすべて廃止し、社内を全面禁煙にしました。もともと当社には、従業員の心身の健康が当社やひいては社会にとっても重要な財産であるという、経営理念にもとづいた考えがあります。
会社・健康保険組合・社員が一体となって健康宣言を打ち出し、ウォーキングの推奨や食生活の改善サポートなどの施策をおこなっています。ですので、今回の喫煙室撤廃の取り組みも、ただ喫煙を禁止するという趣旨だけではなく、従業員がいきいきと能力を発揮できるような職場環境づくりという目的もあるのです。

喫煙者の方の理解は得られましたか?

「禁煙治療費補助事業」を健康保険組合HPでご案内。

当初はやはり、喫煙室による分煙で十分ではないかという意見もありました。しかし、健康宣言にも表れているように、全社的な健康意識の高さもあり、次第に理解していただけたと思います。
また、一方的に禁止するのではなく、喫煙者の社員へのフォロー制度も設けました。鈴与健康保険組合の禁煙治療費補助事業に加え、卒煙達成者に補助を支給する「卒煙サポート」もおこない、社員自身の健康意識を高める工夫もおこなっています。

実施後の社員の方々の声をお聞かせください。

2019年に引き続き、「健康経営優良法人2020(大規模法人部門(2019 ホワイト500))に認定されました。

実施前に半年間の猶予を設けていたとはいえ、喫煙者にとっては社内で喫煙するスペースを失ったことになり、心情的に負担があったのではと心配はしていました。そこで喫煙者を対象にした無記名アンケートを実施しました。
「時代の流れだから仕方ない」という方もいましたが、中には「以前から禁煙を考えていたので良いきっかけになった」などの好意的な意見を聞くことができ、社員の健康を大切にする当社としては、良い成果のひとつだと感じています。

鈴与商事株式会社
本社 静岡県静岡市葵区栄町1-3 鈴与静岡ビル
設立 1990年
従業員数 516名
事業所数 国内16カ所
https://www.suzuyoshoji.co.jp/

受動喫煙対策事例一覧へ

受動喫煙対策サイトトップへ