東北エリア

「伊達貨物運送」

物流

受動喫煙対策で、顧客と社員の満足度向上!

伊達貨物運送では、どのような取り組みをされましたか?

昭和43年創業の伊達貨物運送。
100名の運送のプロが高品質な物流サービスを提供しています。

当社の社員は、8割がドライバーです。「物流」は、体が資本であることはもちろん、社会に対して大きな使命をもった仕事でもあります。もしもドライバーの体調不良により事故などが発生すると、社員本人や会社にとってはもちろん、お客様や社会に対しても大きな損害が発生してしまいます。
そこで社員の健康を支えるという意味で、2010年ごろから受動喫煙対策に取り組んできました。社屋内と敷地内を分煙から段階的に禁煙に。さらにドライバーの方々からの申し出もあり、社用車であるすべてのトラックも2015年から禁煙になりました。

実施後、社員の方の反応はいかがでしたか?

プロの仕事は健康づくりから。意識の高さが伊達貨物運送のサービスを支えています。

受動喫煙対策を行ったことで、社員自身の健康意識が高まりました。日頃から体調に気を配るようになり、体調に異変があればすぐに病院に行くなど、自身の健康管理に努めてくれています。
一部のトラックで喫煙可能だったのが全面禁煙となったのも、ドライバーの健康への配慮を求める社員からの発案でした。会社としても社員の健康をサポートしたいと思い、定期健診で有所見となった方の精密検査費用を会社が負担しています。また、年に一度、保健師や栄養士の方を招き、健康づくりに関する講演や、食生活についてのアドバイスをお願いしています。農業体験を企画するなど、メンタル面でのサポート体制も整えています。

実施した結果、経営に影響はありましたか?

社会の物流を担う会社であるからこそ、心地よく働ける環境が必要と語る、代表取締役の酒井良晃さん(中央)。

当社の社員は、伊達貨物運送の社員としてのプライドをもって仕事に携わっていますが、健康意識の向上によって、プロフェッショナルとしての気持ちがさらに高まっていると感じます。そのためか、お客様にも「ぜひ伊達貨物運送さんにおねがいしたい」と仕事の依頼をいただくことも増えています。
また、健康経営優良事業所として県知事賞の受賞をはじめ、空気のきれいな事業所としての認定も受けました。心地よく働ける環境になっていることもあり、離職率も低下しています。今後さらに、お客様も社員も心から満足できる環境を整え、物流会社としての誇りをもった仕事をしていきたいと考えています。

伊達貨物運送株式会社
本社営業所:福島県伊達市箱崎字沖前73番地3​
事業所:仙台支店、白石営業所、白石倉庫(第一〜第三)
設立:昭和43年7月1日​
https://www.datekamotsu.co.jp/

東北エリアの他の記事を読む

エリアから他の事例を見る

受動喫煙対策事例一覧へ

受動喫煙対策サイトトップへ